相続手続の流れ

一般的な流れ

1.被相続人の死亡(相続開始)

       ↓

2.遺言書の有無確認

       ↓

3.相続人の確定

       ↓

4.遺産の調査・把握

       ↓

5.遺産の評価

       ↓

6.相続放棄・限定承認(相続開始を知ったときから3カ月以内)

       ↓

7.所得税の準確定申告(相続開始後4カ月以内)

       ↓

8.遺産分割協議

       ↓

9.相続税の申告・納付(相続開始後10カ月以内)

相続発生後の手順

 相続が発生するとまず行われるのが、通夜や告別式ですが、これらが終わって一段落すると具体的な法律上の手続きや判断を行う事柄ができてきます。死亡直後はこまごまとやることが多く、相続のことまで頭が働きません。ですので通常、このような相続手続きは、ひと段落ついた49日後辺りからぼちぼち取りかかるないしは催促されるということが多いようです。

相続放棄・限定承認(3か月以内)