相続の基本知識

相続人とは誰か

1.配偶者は常に相続人となります。

2.第一順位は子となります。子が先に死亡して孫がいる場合は代襲相続となります。

3.子・孫がいない場合は第二順位として直系尊属がなります。

4.子・孫・直系尊属ともいない場合は兄弟姉妹となります。兄弟姉妹の代襲相続はその子、つまり甥姪までとなります。

法定相続分とは

1.相続人が配偶者と子の場合

  配偶者は全財産の2分の1、子が残りの2分の1となりますが、子が複数の場合はその2分の1を均等に分けます。

2.相続人が配偶者と直系尊属の場合

  配偶者が全財産の3分の2、残りの3分の1を直系尊属(親、祖父母、曾祖父母)が相続します。

3.相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合

  配偶者が4分の3、残りの4分の1を兄弟姉妹が相続します。